休憩中に風俗へ

ギャップの問題というのも大きいと思った

ギャップというのは風俗でも楽しいというか、ギャップを楽しむためにも自分で風俗嬢に対してのイメージを固めておくことが大切になってくるんじゃないのかなと思いましたね。何となくというか、特に何も考えずに風俗嬢と向き合って奉仕してもらうだけでもかなり楽しいのは間違いないんですけど、イメージして、そのイメージとどれだけの違いが出るのか。そのギャップもまた、何気に楽しめるものだなって思うんですよ。だからホームページでイメージを固めると共に、ある程度自分なりに推理というか、イメージを膨らませてみるのもそれはそれで悪くはないんじゃないかなと(笑)自分により大きな楽しみをもたらしてくれるって思ったら、実はかなり有意義な方法なんじゃないかなと自分でも気付いたので、風俗では自分で意識的にギャップを作り出してみるのも良い手法なんじゃないのかなって思いました。ある意味ではちょっとした高等テクニックかもしれませんが(笑)

選ぶというよりも直感

ホームページを見て選ぶって人はきっとかなり多いと思うんですよ。だって風俗って大半がホームページを持っているじゃないですか。むしろ今の時代、ホームページを持っていない風俗の方が珍しいですし、誰もがスマートフォンを駆使してインターネットに簡単に接続できる時代、ホームページを持っていないということは一つのアピールポイントを無駄にしているってことでもありますよね。それだけに、ホームページを持っている風俗の方が圧倒的に多いと思うんです。でも、じゃあどんなホームページなのかというのはお店によって結構変わる部分ですよね。ホームページを判断材料にしますけど、そこでどのようなコンテンツを用意しているのかはお店次第になりますので、時にはホームページで「選ぶ」というよりも、フィーリングで選ぶケースもありますね(笑)その方が自分に様々なものをもたらしてくれるんじゃないか…みたいな気持ちになるというか、むしろそれが何気に面白いんです。

相手への配慮は大切だと実感している

風俗でもやっぱり相手への配慮は大切だと思いますよ。いくらこちらがお客という立場であってもです。確かに風俗はこちらがお客である以上、いわばこちらがおもてなしされる立場なのは間違いないんですけど、お客だから横柄にして良いって話ではないじゃないですか。むしろ風俗嬢のことを考えると、こっちはホームページとかポータルサイトを見てどんな女の子なのか分かった上で指名出来るんです。だから相手の情報もある程度入っていますので外見だけじゃなく、内面的な部分でも一応は理解があるじゃないですか。でも相手の風俗嬢はこちらのことなんて一切知らないんです。利用したことがあるお店であればお店側にこちらのデータがあるかもしれませんけど、それは電話番号とかであって、人間性まで明記されている訳ではないと思うんですよね。だから相手の子は常に手探りだと思うんですよ。だからこそ、配慮を持って接することが大切なんじゃないのかなって思うんです。